歯周病と唾液の関係

歯周病にラクトフェリンが良い理由は唾液の殺菌力になる

投稿日:2015年6月17日 更新日:

WS000001出典:ラクトフェリン – Wikipedia

サプリメントなどを見るとラクトフェリン配合とか、ラクトフェリンそのもののサプリメントなどあります。
最近注目されているもののひとつですね。

 

このラクトフェリンは歯周病対策になることも期待できます。
今回はラクトフェリンと歯周病について取り上げたいと思います。


[スポンサードリンク]

ラクトフェリンはどんなものか?

漠然とラクトフェリンは健康によいと言われていても、何が良いのかわからないと手を出しにくいですよね?
私も名前は知っていましたが、どのような効果効能が期待できるのかわかりませんでした。

 

ということで最初にラクトフェリンとはどんなものか触れておきます。

 

ラクトフェリンはタンパク質の一種のようです。
乳製品を展開する森永乳業には下記のように説明があります。

ラクトフェリンは乳以外にも、涙や唾液、血液などに存在する感染防御機能をもったタンパク質です
ラクトフェリンは母乳や哺乳動物の乳に含まれており、鉄と結合する、さまざまな機能をもったタンパク質です。母乳以外にも涙、唾液、鼻汁、胆汁、羊水など、体のほとんどの外分泌液中に含まれ、血液中にも存在しています。
ラクトフェリンは母乳、特に初乳中に多く含まれ、生まれたばかりの乳児をさまざまな感染症から守っているものと考えられています。
出典:ラクトフェリンとは?ラクトフェリンの働き – ラクトフェリンと森永乳業の研究

決して特殊なものではなく、人間であれば誰でも保有しているもので自然治癒力などに作用するもののようです。
唾液にも含まれていることから歯周病に対して効果があると言われる理由は想像できるかと思います。

 

唾液の役割は下記の記事も参考に。


[スポンサードリンク]

ラクトフェリンはカンジダ菌に対して有効

歯周病の研究は海外では医学の父と言われるヒポクラテスの時代からあったとされています。
ヒポクラテスは歯周病の原因は歯石にあるとも言っていたそうですね。

 

しかし、日本人の寿命は50歳前後であったため歯周病によって歯が抜け始めることには天珠を全うしていました。
戦後の復興期とともに寿命は伸び始めてようやく歯周病が注目されるようになったのですね。

そのため日本では歯周病に対する研究が進んでおらず長らくヒポクラテスがいう歯石が原因とされてきました。
これが徐々に他の原因にも言及されるようになり

3つの説がとなえられています。
歯周病菌にも細菌と真菌があり、厄介なのは真菌の方です。

 

お風呂場のカビは頑固ですよね?
このカビ菌が口内で感染して起こることも原因のひとつになっています。

 

ラクトフェリンが歯周病に有効と言われるのは細菌に対して有効であるだけでなくカンジダ菌にも有効と言われているからです。

カンジダ菌には私も使っていたペリオバスターのヒノキチオールの強い殺菌力が有効と紹介してきました。
それに加えてラクトフェリンも有効であるようです。

参考資料:マウス口腔カンジダ症モデルの開発とその応用

こちらのPDF資料にはマウスを使った実験でラクトフェリンが歯周病の原因ともなるカンジダ菌に有効であることが確認されています。


[スポンサードリンク]

ラクトフェリンは胃で消化されるとラクトフェリシンへ

ラクトフェリンが歯周病に良いと言われる理由は唾液に含まれており、殺菌能力を発揮するからです。
殺菌能力については最初の森永乳業の説明にもありますし、マウスを使った口腔カンジダ菌に対する有効性からもわかるかと思います。

 

唾液から出るということは、ラクトフェリンを摂取したら体内吸収されないといけません。
体内に吸収される前に胃を通過するのですが、この段階で殺菌力がより強いラクトフェリシンに変化するとされています。

口から摂取したラクトフェリンが胃の消化酵素であるペプシンで分解されると、もとのラクトフェリンよりも強い抗菌性のあるペプチド「ラクトフェリシンR」になります。ラクトフェリシンRは病原性大腸菌O157や胃炎の原因菌であるピロリ菌に対して殺菌活性を示します。
出典:ラクトフェリンの代謝と作用のメカニズム – ラクトフェリンと森永乳業の研究

※ラクトフェリシンは森永乳業の登録商標

 

あの猛威を振るった病原性大腸菌O157や胃に棲みつくピロリ菌すら殺菌する能力があるそうです。

非常に強い殺菌性があるとこがわかりますね。
ラクトフェリシンは森永乳業の登録商標なので唾液にラクトフェリシンが含まれているという話はみかけませんでしたが、殺菌力以外は同じものですから唾液に含まれている可能性はあるでしょう。

 

ラクトフェリンの摂取は体内で強力化して唾液として戻ってくるのです。

 

ラクトフェリンは歯周病に有効

まる

今回はラクトフェリンと歯周病について紹介してきました。
ラクトフェリンはタンパク質で自然治癒力などに作用するものです。

 

特殊なものではなく人間であれば誰でも備え持っているものと考えてよいでしょう。
本文では触れませんでしたが、老化とともに減少する傾向にあるので摂取は必要なようですね。

 

ラクトフェリンが歯周病に良いと言われるのは唾液に含まれているからです。
唾液には殺菌力がありますから、ラクトフェリンは唾液の殺菌力として働くでしょう。

 

歯周病の原因では厄介な存在である真菌のカンジダ菌にも有効とされています。
さらに、体内に入ると胃で消化されてラクトフェリシンという殺菌力が強化されたものに変化します。

 

歯周病予防はブラッシングによるプラーク除去も大切ですが、唾液の殺菌力も高めておく必要があります。
ラクトフェリンは唾液の殺菌成分のひとつですから、減らさないように注意しておく必要はあるかもしれません。


↓このブログの順位は?↓
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ

-歯周病と唾液の関係

執筆者:

関連記事

虫歯に対しても唾液を多く分泌して自然治癒が目指せる

先日は唾液と歯周病の話を取り上げました。 今回は虫歯と唾液の関係についても紹介しておこうかと思います。   虫歯に対しても唾液は有効です。   唾液を多く分泌できれば自然治癒を目指 …

ネバネバ粘液性唾液とサラサラ漿液性唾液の役割

唾液は1日に合わせて1.5~2L分泌していると言われています。 この唾液は大きく分けて漿液性唾液と粘液性唾液に分けられます。   どちらも唾液であることは変わりありませんが、それぞれ役割が異 …

唾液が少なくなる原因と病気【ストレスと噛む回数】

口内環境を良くするためには唾液の分泌は必要です。 と言っても唾液の分泌は自分でコントロールできるものではありません。   そのため原因をつきとめて対策をほどこすことは重要になるでしょう。 今 …

老化で唾液分泌低下は起こらない!歯を残して対策

老化とは体のあらゆる機能が低下していくことにあります。 自動車は10年ほど使えば買い替えを迎えますよね?   このように世の中に存在するものは永久的ではなく、最終的に朽ち果てていくものです。 …

唾液のネバネバの原因と対策【細菌とストレス】

口を開けるときにネバっと糸をひく感じ、嫌ですよね。 私もですが、なんとなく口の中のネバネバが気になります。 歯周病の治療は終えて今はメンテンナンスをしているのですが、唾液のネバネバは気になって仕方がな …

使ってみた(レビュー)

オーラパールオーラパールのレビュー 薩摩なた豆爽風茶のレビュー ブラントゥースのレビュー

最近の投稿

↓このブログの順位は?↓
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ