歯周病と唾液の関係

唾液のネバネバの原因と対策【細菌とストレス】

投稿日:2015年6月21日 更新日:

歯

口を開けるときにネバっと糸をひく感じ、嫌ですよね。
私もですが、なんとなく口の中のネバネバが気になります。
歯周病の治療は終えて今はメンテンナンスをしているのですが、唾液のネバネバは気になって仕方がないです。

 

歯医者からするとネバネバ唾液は普通のことであり、心配することではないと言います。
しかし、エチケットを考えると糸をひくあの感じは避けたいもの。

 

どのような対策をしたら防ぐことができるのか。
ネバネバ唾液の原因から対策方法を考えていきたいと思います。


[スポンサードリンク]

唾液のネバネバはストレスと細菌

唾液がネバネバして気持ち悪い。
このような状況はなにが原因で起こるのか?
ここでは原因について考えてみます。

 

私の経験ですが唾液がネバネバする原因は大きく分けて2つあると考えます。

  • ストレス(緊張場面)
  • 細菌が多い

この2点を中心に考えていきたいと思います。

ストレス(緊張場面)

緊張

最初に唾液のネバネバが起こりやすい状況は緊張場面です。
主にストレスが大きくかかっているときですね。

 

例えば、会社のプレゼンテーション前などは緊張して異常に喉が渇くことありませんか?
私は上がり症なのでちょっとしたことですぐに緊張します。
就職活動の面接は苦痛でしかありませんでしたね。

 

これまで大学の卒論発表、就職試験、会社のプレゼンから朝礼でのスピーチまで数多くこなしてきましたが、終わった後の喉の渇きは異常です。
もちろん口内の水分が不足しているので唾液もネバネバで糸を引きます。
口を開いたときに前歯に糸がビヨーンと伸びるあれはみっともないなと感じるこの頃です。

 

緊張している場合、水分をどれだけ摂取しても喉の渇きが癒えることがありません。
本来であれば唾液が口内を中性に保つために適量の分泌がされているのですが、ストレスなど自律神経が乱れる原因があるとバランスが崩れます。

 

唾液には2種類あります。
「粘液性唾液(ネバネバ)」と「漿液性唾液(サラサラ)」です。
これらは自律神経の状態によって分泌が変わってくるとも言われており、

  • 漿液性唾液→副交感神経優位で多く分泌
  • 粘液性唾液→交感神経優位で多く分泌

緊張場面(ストレス過多)では交感神経が過剰に働きますから粘液性唾液が増える傾向にあります。

 

唾液は口内にある唾液腺から出るのですが、これは無数にあるとされています。
そして場所によって得意とする唾液が異なるようです。

 

ストレスや疲れが蓄積すると耳下腺炎という症状が出やすくなります。
耳下腺はサラサラ唾液の漿液性唾液を最大分泌させているところです。

 

ここが炎症しているということは機能は低下していることになります。
つまり漿液性唾液が出にくいため口内のネバネバ感は強くなるということです。

ストレスで唾液が少なくなる原因は上記の記事でも触れています。

粘液性唾液と漿液性唾液については上記の記事も参考に。


[スポンサードリンク]

細菌が多い

次に細菌が多い場合も唾液がネバネバになりやすいという内容です。
唾液と聞くと汚いイメージを持たれるかもしれません。

 

実際にニオイを嗅ぐと刺激的ですよね。
ニオイからして決してきれいなものとは言えないでしょう。

 

しかし、唾液の成分を見ると99.5%が水分で、残りの0.5%に歯を修復する再石灰化成分ラクトフェリンなど殺菌成分も含まれています。
ですから、唾液は本来無味無臭でキレイなものです。

疑問

なぜあのようなニオイを発するかといえば、口内環境が荒れていて雑菌が多くいるからになります。
唾液にはサラサラな漿液性唾液とネバネバな粘液性唾液があると紹介してきまいた。

 

粘液性唾液には細菌を殺菌して絡め取る役割もあるのです。
ニオイを発する細菌が唾液に含まれますから唾液もニオイを発するようになります。

 

動物には自然治癒力がありますね。
歯周病のように口内に細菌が多く棲み着いている場合は排除する動きが見られるでしょう。
それができるのは粘液性唾液ですから、細菌が多いと粘液性が多く分泌され唾液がネバネバするのです。


[スポンサードリンク]

唾液ネバネバ対策

最後に唾液ネバネバにどのような対処をしたらよいかについてです。
対処方法はここまで紹介してきた

  • ストレス(緊張場面)
  • 細菌が多い

の2つをできるだけ取り除くことでしょう。
ストレスを取り除くことは個人差が大きすぎるのでこちらから提言することは難しいです。
「細菌が多い」に関しては歯磨きをしっかりすることで緩和することは可能でしょう。

 

どちらかを完璧にこなせば良いとも言えません。
細菌が増えるのは免疫力が低下した場合もあるからです。

上記の記事でも触れていますが、口内の細菌が原因で起こる歯周病も免疫力が大きく関係しています。
免疫力が低下する原因は主にストレスから来るものですから、歯磨きを完璧にしていたとしても免疫力が正常でなければ意味がありません。

 

病院へ行き原因不明の症状だとたいていは「ストレスが原因」になります。
ストレスが原因というのはあまり好きではないのですが、傾向として免疫力が下がるのは事実です。
ストレス過多のときにカキフライを食べて当たってしまったので間違いないかなと感じています。

 

ネバネバ唾液を防ぐにはストレスを溜め込まず、歯磨きなどで細菌を除去して清潔にすること。
これに尽きるかなと思います。
そうすることで粘液性唾液の分泌を減らすことができそうです。

追記20150722

オーラパールという歯磨き粉を使い始めました。
塩味の歯磨き粉で唾液腺を刺激してサラサラ唾液をたくさん出してくれているみたいです。
ネバネバ唾液対策に使えるかもしれません。


↓このブログの順位は?↓
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ

-歯周病と唾液の関係

執筆者:

関連記事

ネバネバ粘液性唾液とサラサラ漿液性唾液の役割

唾液は1日に合わせて1.5~2L分泌していると言われています。 この唾液は大きく分けて漿液性唾液と粘液性唾液に分けられます。   どちらも唾液であることは変わりありませんが、それぞれ役割が異 …

唾液の基礎的な役割は口腔環境の正常化

主治医が見つかる診療所で唾液の話が出ていましたね。 当サイトでは歯周病予防のために唾液は必要と説明しているので、参考にして頂いている人は知っていることだったかもしれません。   唾液と聞くと …

固いものは歯に良いと言われるのは唾液を出すため

昔から固いものを食べると歯に良いと言われています。 私もそのような話を聞いて現在30代前半ですが、できるだけ固いものを食べるようにしてきたと思います。   確かに固いものを食べることは歯に良 …

老化で唾液分泌低下は起こらない!歯を残して対策

老化とは体のあらゆる機能が低下していくことにあります。 自動車は10年ほど使えば買い替えを迎えますよね?   このように世の中に存在するものは永久的ではなく、最終的に朽ち果てていくものです。 …

歯周病にラクトフェリンが良い理由は唾液の殺菌力になる

出典:ラクトフェリン – Wikipedia サプリメントなどを見るとラクトフェリン配合とか、ラクトフェリンそのもののサプリメントなどあります。 最近注目されているもののひとつですね。 & …

使ってみた(レビュー)

オーラパールオーラパールのレビュー 薩摩なた豆爽風茶のレビュー ブラントゥースのレビュー

最近の投稿

↓このブログの順位は?↓
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ